2018/07/06

WEBは専門外なフリーランスデザイナーのサイト作り

この前問い合わせをいただいた方にも言われたのですが、
弱小フリーランスの私のサイトが「大阪 フリーランスデザイナー」等で検索するとかなり上位に来るようです。なぜか。


上位に来るといっても月50人もいかないしほぼ直帰みたいですけど…。
あと、「フリー」というワードが無いと圏外です。企業さんには到底勝てません。

私のサイト制作

HTML・CSSに関して超基本しか知らない私はAdobe Museで制作しました。
illustratorやInDesignのようにWebサイトが作れる便利なアプリケーション。
この前開発が終了してしまいましたが…悲しい…
Wordpressはアップデートが頻繁なので、サイトの更新に時間をあまり取りたくない私は候補から外しました。
サーバーはネットオウル社の格安プランを借りています。

デザインは情報が分かりやすくシンプルなものに。(そもそも作り込めない)
  • 活動している地域
  • デザインできる媒体
  • 制作実績数点
  • 価格例
大体知りたいのはこのあたりかな…という上記の内容をトップページを下までスクロールすると分かるようにしました。
理念や詳細な価格表は別ページにまとめました。

検索されそうなキーワードは意識しました。
<title>、<keywords>、<description>、そしてトップページ内のテキストに
「デザイン、デザイナー、フリーランス、大阪、チラシ、名刺、リーフレット」等のワードが入るようにしました。

それが良かったのか、Museが実はスゴイのか。

Google Analyticsは使用しています。活用の仕方が未だにイマイチ。


今後どうしていくか

Museのサポートが終わる前に勉強がてらDreamweaver作り直そうと思っています。
書籍を購入してぼちぼちと。




無事出来上がるか、諦めてAdobe PortfolioJimdoなどのサービスを使っているか来年の私はどちらでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿