2018/04/16

最近まわった展示いろいろ


開館40周年を記念した全館使っての現代美術の企画展。
こんなに観たのは久しぶり。笹本晃さんの作品が一番気になりました。



ネットで知った日下明さんのユニット「repair」の企画する展覧会。
長屋をいかしたとても心地よくて美しい展示でした。repairのおふたりとお話もできて良かったです。



全く作風の違う、でもどこか統一されてるようなペインティング。
写真作品もまた違うし幅の広い方だと思いました。
作品集欲しかったけど、自分がいいと思った作品が載っていなかった…



DTPの勉強会でお会いする朋茶さんが参加されてる企画展。
小学校まで団地で育った自分には懐かしくなる写真ばかり。


コンケラーという紙を使用したステーショナリー(レターヘッド、封筒、名刺など)のデザインコンテストの受賞作品の展示。
ロゴのコンセプトや展開が勉強になりました。学生で賞をとってらした浜島さんの「尾島焼とうふ本舗」が紙の質感を生かしてて印象に残りました。

2018/04/15

第8回さいたまデザインDTP勉強会に参加しました

前回とても楽しかったアナログでデザインをするさいたまデザインDTP勉強会
tazさんが今回もサテライトを企画してくださったので(出産後半年もたたないのに!)、参加・当日のお手伝いをさせていただきました。受付くらいで後は作業に夢中で参加者同然になってしまったけれど…。

今回の内容は私も大好きなフォント貂明朝の素材と吉田印刷所さんのグラシン紙を使って、自由なテーマで2パターンのデザイン。
やっぱり時間に追われながらも完成しました。



【A】写真右
貂、貂、=てんてんてんてん=貂×4
素材には季節を感じるものが多かったので、他のテーマで作りたくなる性分。

【B】写真左
グラシン紙を使いたいと計画性無く悩み悩んでなんとかできたもの。
青のグラシン紙をグシャグシャに丸めてから広げると水辺や氷が表現できそうないい感じの皺が入りました。それでかき氷を。子供が園で作って帰ってたみたいな貼り絵が出来上がり(笑)


最後に皆さんの作品を並べて投票。
見るだけでも十分参考になりますが、作品のコンセプトや手法がひとこと聞ける時間があればいいのになと思いました。
(私のにも投票してくださった方がいた…!ありがとうございます。)

実際の作品は大阪のしか見れませんが、各会場の全作品を出来次第30daysAlbumというアプリにアップすることになっているので参加者全てのものが写真で見れるようになっています。本当にひとつひとつ違って今回も勉強になりました。


終わってからは美味しい鶏屋さんで懇親会。
家で引きこもって仕事しているので上手く喋れたかは怪しいですがとても楽しかったです。家が近所の方もいてびっくりでした。
個人的にtazさんの連れてきてたお子さんを眺めれて幸せでした。赤ちゃん可愛い。

どうもありがとうございました。


[当日の様子はこちら]
第8回 さいたまデザインDTP勉強会ワークショップ「デザインのバリエーションを工作するX(貂)」