2017/09/04

第7回さいたまデザインDTP勉強会(京都サテライト)に参加しました

さいたまデザインDTP勉強会では「デザインのバリエーションを工作するver4.0」という、紙を切って貼ったり色を塗ったりアナログ作業でデザインをするという面白そうなことを以前からやっておられます。
面白そうだけれどさすがに埼玉まで行けない…と思っていたら、tazさんがSNSで京都か大阪でサテライト参加したい人を募ってるのを見つけて手を挙げました。

会場は京都駅降りてすぐのワコールスタディホール京都。はじめてのコワーキングスペースがこんなオシャレなところなんて…!(トイレまですごかった)紙の仕事はモニター見られるだけで内容が判ってしまうので、外での仕事は難しい。


京都サテライトはtazさんと私の2人なので和やかに進みました。 が、内容は結構ハード。1時間で1作品×2を作ります。急ぎの仕事並みですね。 1つ目は沢山のモチーフを使ったデザイン。「さと」から広げて触れ合える里山をテーマに作りました。


間の休憩中には30daysAlbumというアプリを使って、さいたまの会場の方の作品も開催中に見ることができました。 自由な切り取り方や遊びゴコロのある表現方法が並んでていて感心しきり。 

2つ目はあのアンディーウォーホルの有名な缶とコピーを使ったデザイン。もっと自由に作ってみようと取り組んだ結果「これはまだ作業途中の散らかってる状態では?」になってしまったんですけど公開しましょうか。クリエイティブ進行形ということで…無理?


今回の勉強会では自分が配色やひねりをきかすのが苦手なのを再認識させられました。ブラッシュアップまでまだまだ時間が必要。
でも何より久しぶり(高校以来?)のアナログなデザイン作業がとても楽しかったです。 さいたまデザインDTP勉強会の皆様、tazさん、どうもありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿